気軽に参加できて役に立つ「みんなの写真教室」を始めます

写真を楽しみたい!

webやsnsなどで写真をいっぱい見る時代になりました。

また見るだけでなく、自分でも撮って楽しむ時代ですよね。

自分のお気に入りの写真が、自身で撮れるととても楽しいです。^^

いろんなシーンでいっぱい撮って楽しみましょう!

いい写真?よくない写真?

みなさんはどんな写真が好きですか?

写真の好みは色々。どれが正しいってないと思います。

自分の好きな写真が、ご自身にとってのいい写真です。^^

旅行に行った時、家族で遊んでいる時、街で買い物している時、いろんなシーンで写真を気軽にとる時代だから、自分の好きな写真がのこせたらと思います。

みなさんの好きな写真を見つける、撮ることのお手伝いをいたします。^^

写真教室を始める理由 ^^

私のお古のカメラを手に入れて1年、あまり写真を撮っていなかったシニア世代の母が、なにか思うところがあったのか、とある写真教室に行きました。

母は数回、会議室でカメラの使い方や構図の取り方を教わりました。

後日、私と一緒にお花の写真を撮りに行きました。

母が撮影しながら一言「どうやっていいかわからない。」

「そらそうだよなあ」と思いました。実践で学んでいないのですから。

なので、とりあえず一枚、母に写真を撮ってもらって、どうしたいのか聞きました。

母「ピントが合わない。」

私「(設定を確認して)写したいものを真ん中にして、シャッター半分押して」

母「半分押した!」

私「押したまま撮りたい構図にして、シャッターを押して」

母「撮れた撮れた!」

私「どう?」

母「ピントはあったわ。やけどなんか間が抜けた写真やわ。(笑)」

私「(写真を見て)ズームはさわらんと、もう半歩近づいて撮ってみて。」

母「(撮ってみて)あ!なんかええ感じやわ。」(^-^)

カメラマンでありながら、今まで母の写真をあまり見ないでいたことに、少し後ろめたさを感じました。

せっかくの機会なので、そのまま母へのフォトレッスン開始!(笑)

私「今日はなんでも聞いて!」

しばし撮影・・・

母「なんか暗いねん」

私「明るく調整せなあかんなあ。こうすんねん。やってみてん。」

母「明るなったわ。でもちょっとやりすぎたわ。(笑)」

しばし撮影・・・

母「なんか変やねん。見て。」

私「花の頭が窮屈やなあ。もう少し空入れたら。」

母「(撮影して)あ、お花ものびのびしてくれてるわ。」^^

こんな会話が2年前。
それ以来、母はちょくちょく私が自然の写真を撮る際についてくるようになりました。
毎回がプチ写真教室です。少しずつ「いいやん!」という写真が増えてきました。

それが先日、「これ見てえなあ。」と母。

手にはどっさりのプリント。ひとりでブラブラして撮ったものを撮りためて、お気に入りをプリントしたものです。

それがまあ、いいこと!!!

気がつきました。
ほんのちょっとの言葉で、写真は変わること。写真が楽しくなること。
特にシニア世代は、生活に楽しみができること。

それからもうひとつ。これは私のこと。
「好きな写真が撮れるようになって、喜んでもらうことが楽しいこと」

楽しくて役に立つ写真教室にしたいのです

だから、「こんな写真撮れた!(*^-^*)」って、その場で楽しんでもらえる写真教室をしたいのです。

参加も一回一回自由に、都合が合う時だけ、好きなテーマの時だけ、「行きたい!」と思った時だけ参加できるような。

まだどんな形が正解なのかわかりませんので、形が変わっていくことはお許しください・・・

みんななかよく、いっぱい撮っていっぱい見て、楽しい写真教室、始めます!!